投資信託の運用期間」タグアーカイブ

投資信託の運用期間

ネット証券で投資信託を始める人が増えていますが、これは銀行にお金を預けていても対して利息が付かないことに加えて、株取引やFX取引になると投資のリスクが高くなるため、投資におけるリスクが低く、運用も任せることができる投資信託のメリットは高くなっています。

ローリスクローリターンの投資からも分かるように、基本的に投資信託というのは長期運用してコツコツ収入を得ることを目的としているため、株やFXのような派手さはありません。

常に株価の値動きや為替の変動を意識して投資がしたいのであれば、ネット証券で投資信託ではなく株やFX取引をするのがおすすめで、ネット証券なら手数料はかなり低くなっています。

投資信託が長期運用によるメリットが高いといってもどれくらい運用するのがベストなのか気になるところだと思いますが、どれくらい運用するのかというのは投資をしている信託によっても変わってきます。

ですが、最低でも1年以上は運用したいところで、あまり頻繁に投資信託を売却して購入していると手数料が低いと言われているネット証券でも、高い手数料となってしまうため、投資信託の運用による収入はあまり期待できません。

貯金をすると考えればイメージしやすいと思いますが、お金が必要になる時まで運用して、まとまったお金が必要になった場合に投資信託を売るというのが理想です。

また、できるだけ一つの投資信託にこだわらず分散投資をしてリスクを低減させておくというのも長期運用を考える上で必要なことになります。