投資信託とは」タグアーカイブ

投資信託とは

投資をする目的は人によって様々だと思いますが、純粋に余剰資金を負担なく運用したいというのであれば、投資信託と呼ばれる投資がおすすめで、ネット証券で口座を開設して取引することも可能になっています。

ちなみに投資信託というのは証券会社だけでなく金融機関などでも利用できるところが多くなっていますが、最初に投資信託を購入してその資金を運用することによって発生した収入の一部を現金としてもらうという仕組みです。

投資信託を販売した証券会社や金融機関が代わりに運用するのではなく、それぞれの機関が委託している投資運用会社に依頼して代わりに運用してもらうのが一般的となっています。

そのため、株取引やFXとは違って自分で運用する手間が省けるという利点はありますが、間に金融機関や投資運用会社が入るため、持って行かれる手数料はかなり高くなります。

運用する方法を間違ってしまうと利益が全く出ないということもあるので、一見初心者向きに見える投資信託ですが、最低限の知識が持ってないと取引において損をしてしまう可能性があります。

また、ネット証券の場合は取引手数料が低いというメリットがありますが、取り扱っている投資信託の数はそれぞれのネット証券によって変わってきます。

なので、あらかじめ投資がしたい信託が決まっている場合はそれに対応しているネット証券を自分で探す必要がありますが、意外と取り扱っている投資信託が少ない場合が多いので、この場合は銀行という選択肢も出てきます。