ネット証券と銀行の違い」タグアーカイブ

ネット証券と銀行の相違点

証券取引を行えるところと言えば、昔は証券会社に限られていましたが、最近は金融機関でも取引できるところが増えており、特に投資信託や不動産投資などは積極的にサービスを提供している金融機関は多く、その中でも銀行は順調に利用者を増やしています。

ネット証券を利用する人の中には手数料が安いという理由で利用している人も多いと思いますが、初めて証券取引や投資をした際に口座を開設したところがネット証券だった場合は対比する金融機関がありません。

そのため、どれくらい手数料が安いかということは分かりにくいかと思いますが、これまでに他の金融機関で取引をしたことがある人からすると手数料の違いもよく分かると思います。

銀行は身近な金融機関ということで口座を開設して取引を始める場合に、安心して始めることができるというメリットがあります。

銀行が投資を仲介するのではなく、専門のトレーダーに頼んで運用してもらっているので、銀行に対しての中間マージンと銀行が依頼しているトレーダーに対しての中間マージンがかかり、かなりの手数料になります。

もちろん銀行の場合は店舗があり窓口もあるわけなので、余分に手数料がかかってしまうことになるのですが、ネット証券は窓口を有しないため、基本的なコストがほとんどかかりません。

そのためネット証券の手数料は安くなっているわけですが、相対的に高い銀行の手数料と比較してみるとその差は歴然となっています。