魅力ある株主優待の概要

昔は株取引をする人の多くは株の売買によって得られる収入や株を所有していることによって受けとることができる配当金などを目当てにしていた人が多くいましたが、ネット証券が誕生してから様々な目的を持った人が株取引をするようになってからは株主優待を目的として株を購入する人が増えました。

株主優待というのはその会社の株を保有していることによって得られる権利やサービスのことで、飲食店の株主優待ならその飲食店の提携店で使用できる割引チケットや飛行機の株主優待なら飛行機代の割引サービスなど、その会社と関連した株主優待を受けることができるようになっており、株の保有数によって受けられるサービスも異なってきます。

ネット証券の場合は取引手数料が低いということもあって、初期投資のコストがあまりかからないというメリットがあることから、最初から株主優待を目的として株の購入をしている人もたくさんいます。

それぞれの会社によって株主優待が受けられる株の保有数や条件などは変わってくるので、事前に気になる会社がある場合は株主優待の概要を調べておくと良いでしょう。

ネット証券のホームページでも会社の株主優待情報を調べることはできるようになっていますが、検討している会社のホームページなどからも株主優待に関する情報を集めることはできるようになっています。

余剰資金を利用して株主優待生活を送っている人もたくさんいますが、倒産リスクを考えて運用することが大切です。

最近話題のミニ株とは

ネット証券で口座を開設する場合に株取引を目的として口座を作るという人が多くいると思いますが、通常の株取引だと初期投資金額が10万円以上は必要となってくるので、あまり初期投資に費やすことができるお金が無いのであれば、ミニ株と呼ばれる株取引を始めてみると良いかもしれません。

ミニ株の特徴としては、少額の資金で株取引ができるというもので、初期投資に必要な資金があまり無いという場合に限らず、これまでに株取引をしたことが無いので、大まかな取引の流れを知りたいという人にもおすすめです。

何より投資をすることによる損失リスクが低いというのは魅力で、ネット証券だと取引手数料も低いため、ほとんど金銭的な負担をかけることなく取引が出来ると言うメリットがあります。

ただし、賭け金が低いということはそれだけリターンも低いということなので、株取引をしてお金を儲けたいと考えている人には不向きですが、デイトレードなどを目的としている場合は株取引よりもFXの方が効率的な取引ができます。

また、ネット証券によってはミニ株取引に対応して無い場合もあるので、ミニ株を始めたいのであれば、対応しているネット証券を探す必要があります。

これまでに投資の経験が無い場合は大手証券会社でネット証券にも対応しているようなところの方がサポートも充実しているため安心して取引ができるかもしれません。

また、最初から投資できる金額を決めておいて、損失が出た場合は潔く諦める勇気も必要です。

株取引のリスク

株取引をするメリットにはいろいろあり、人によっては株主優待になって様々なサービスや特典を得ると言う目的で株を購入する人もいれば、配当金を目的として株を購入する場合、また株の売買によって収益を得ることを目的とするなど、様々なメリットがあります。

しかし、それ以上に株取引にはリスクもあるので、これからネット証券で株取引用の口座を開設して本格的に投資を始めようと考えている場合は、十分に株取引のリスクを知った上で株取引を進めて行く必要があります。

株取引のリスクで一番大きいのは、株を購入している会社が倒産してしまうリスクですが、これまでにいくらお金を賭けてきたとしても、その会社が倒産してしまうことによって株はただの紙切れとなってしまい、費やしてきたすべてのお金が台無しになってしまいます。

ネット証券で株取引を始める場合は注意事項にこうしたリスクを考慮した上で取引をしましょうと書かれていると思いますが、ほとんどの人が注意事項に目をくれずに取引をしていると思います。

また、自分が投資をしている会社なら根拠の無い自信から大丈夫と思ってしまうものですが、倒産というのは予兆なくやってくることもあるので、見かけ上では業績が良く見えていても実際には倒産のリスクを抱えているかもしれないと疑うことも大切です。

ネット証券ではユーザーの情報交換掲示板などを設置しているところがあるので、このようなツールを活用して情報収入に努めることも大事です。

ネット証券の株取引とは

株式会社は事業を運営するにあたってまとまったお金が必要となりますが、そのお金を集めるために株と呼ばれる証券を発行して販売していて、これを一定の割合以上購入すると株主という扱いになるわけです。

昔は余剰資金を運用するというイメージが強かった一方で、最近は株主優待や配当金など様々な目的を持って株取引をする人が増えており、ネット証券でも対応していることから、ネット証券に申し込みをして口座の開設をする人の割合も増えています。

ちなみに株取引においても窓口を有している証券会社に比べるとネット証券の方が取引における手数料が安くなっている場合がほとんどで、インターネットですべての取引ができるということもあって、会社側にコストがかからないということが低い手数料で取引できる秘密になっています。

従ってネット証券を利用するメリットというのは手数料の面からも高くなっていますが、それ以上にいつでも株価を見ながら取引ができるというのも魅力的となっていて、賭け金も少なく始めることができる取引も増えました。

ネット証券で株取引ができるようになってからは株取引を始める敷居が下がったということもあって、投資をこれまでしたことが無いという人も始めるケースが増えています。

しかし株取引も取引におけるリスクがあるので、これから株取引を始めようと考えている場合はメリット面ばかりではなく、どのような損失を被るリスクがあるのかということについても考える必要があります。

FXに向いている人

FXは始めやすい投資ということもあってネット証券で口座を開設して始める人が多く、初心者が多いというのも特徴となっていますが、中には初心者でも数カ月取引をしているうちに数千万円の利益が出たという話しも少なくありません。

不思議なもので、FXは負ける人が多い投資なのですが、負けない人はひたすら勝ち続けるという特徴があり、それも経済や為替変動の仕組みなど全く分かってない人が多額の収入を得ることがあります。

FXは向いている人と向いてない人の差が大きく出る投資の一つでもありますが、勝つ人と負ける人には共通点があり、この要素を知る理由にデモトレードの利用があります。

デモトレードというのは架空のお金を使って実際と同じスタイルで取引をする言わば練習版のようなもので、多くのネット証券ではこのようなシステムを無料で用意していますが、デモトレードをすると収益がたくさん出るのに実際のトレードになると損失がたくさん出るという人は多いと思います。

デモトレードだと自分のお金では無いので、少々強引な取引もできるのですが、反対に実際のトレードになると自分のお金が減ることに危機感を覚えてしまって受け身の取引になりがちです。

これが、負ける人と勝つ人で違う特徴ですが、勝つ人というのは勝負の時に勝負ができる人で損失を恐れない人、負ける人は感情的になってしまい損失を回避するために下手な取引をしてしまいより損失を増やしてしまうというものです。

これなら勝てる!FX

為替変動要因を知る

通貨の変動を利用した取引がFX取引ですが、仕組みは単純でこれから価値が上がりそうな通貨を購入して、それが実際に上がったタイミングで売れば収入となり、反対に価値が下がりそうな通貨がある場合は売りから入って、実際に価値が下がったタイミングで買えば収入となります。

これだけ聞くとネット証券で口座を開設してFXをすると儲けるような錯覚に陥りますが、実際は自分が思っているように相場が動かないもので、予想と外れては損失を被るという悪循環になることが多くなっています。

為替変動要因さえ知ることができれば、誰でもネット証券で口座を開設して取引をすれば億万長者になるのですが、為替変動要因は様々な要素が複合的に絡んでいるため、完全に相場を読むことはプロのトレーダーであっても不可能です。

ただし、一定の兆候や傾向というのは過去の統計的データから特徴的な分布を示しているため、このデータを駆使することによって取引に勝つことができる可能性というのは上がると思います。

ネット証券の取引画面には過去の値動きというのが見えるようになっているので、これを参考にして将来を読むことがFX取引における戦略の一つとなっていますが、大きな災害や事件があった場合はそれだけで急激な為替変動が起こることになるので、過去の統計的データに頼りすぎるのは危険です。

また、失業率や雇用状態なども為替変動の要因となっているので、日頃から確認することも必要になります。

デイトレで高額な収入を得ることは可能か?

FXを目的としてネット証券の口座を開設する人の中にはデイトレを目的としている人も多くいると思いますが、FXはいろいろある投資や取引の中でも非常にデイトレ向きの取引になっています。

ちなみにデイトレというのはデイトレードの略称ですが、投資信託のような投資になってくると数カ月や数年運用することで安定した収入が得られるようになっていて、投資と聞くとこのような投資をイメージする人も少なくないと思いますが、デイトレというのは時間や分単位で取引をすることを言い、FXの場合は秒単位での取引も可能になっています。

口座を開設しているネット証券があれば、サイトにアクセスをしてみると分かりやすいと思いますが、どの通貨も秒単位で値動きをしていると思います。

この微妙に変化する値動きを利用した取引がデイトレと呼ばれる取引ですが、賭けるお金が多くなれば多くなるほど収益も高くなるので、よりデイトレによって得られる収入が高くなる可能性がありますが、一方で負け相場になってしまうと多額の損失を出してしまう可能性もゼロではありません。

ネット証券は常に取引をしたい人に向いていますが、感情的になりやすい人は相場に振り回されることになるので、デイトレよりも長期運用が向いていると言われています。

また、通貨というのは様々な要因で変動するため、本気で勝ちたいのであれば、それ相応の知識というのも必要となりますが、プロトレーダーと呼ばれる人は何度も負けを経験して学習してプロになっているので、その道のりは厳しいと言えるでしょう。

スワップポイントを見通した長期的な運用

ネット証券で口座を開設してこれからFXを始めようと考えている人はデイトレードのような短期的な取引を目的として取引を始めようと考えている人がたくさんいるのではないかと思います。

FXは24時間いつでも何回でも取引ができるということもあって、取引が上手くいけば一日でまとまった収益を得られる可能性があります。

しかし、デイトレードのような取引になってくると常に相場の動きが気になるようになるので、ネット証券のホームページ上にある取引管理画面にアクセスをしては注視するという状態になってしまうため、人によっては仕事や学業に身が入らないといった状態になることも想定されます。

また、デイトレードは一日でまとまった収益が得られる可能性がある一方で、取引によっては大損失になってしまうということも想定されるため、できるだけローリスクローリターンでFXをしたいならスワップポイントを利用した長期運用をおすすめします。

最近はネット証券で口座を開設してFXを始める人の中にはスワップポイントを目的とした人が増えていますが、このスワップポイントというのはそれぞれの国が発行している通貨にかかる金利が違うということを利用した取引であり、金利収入を得るというのが目的となっています。

一日の収入は少ないのですが、安定して収益が入ってくるということに加えて、割と金利の高低は安定しているため、長期間の運用でも可能というメリットがあります。

FXのリスク

ネット証券で口座を開設してFX取引を始めようとしている人の中にはFXが儲かると思って口座を開設する人もいるかと思いますが、テレビや雑誌などを見てみると確かにFXだけで生計を立てているという人は多くいるので、何となく儲かりそうというイメージを持つのは自然かと思います。

しかしながら、FXで利益を出している人は取引をしている人の1割にも満たないと言われており、抱いているイメージとは裏腹に儲かってない人の割合が多くなっていますが、これはFXという投資が非常に奥の深い取引で、様々な知識を有するということが大きく関係しています。

また、反対にFX取引をしたことによって多くの損失を出してしまうというケースは多く、むしろ儲ける人よりも損失を出す人の方がたくさんいるくらいですが、FXには特有のリスクというのがあるので、リスクについて知ってからネット証券で口座を開設して取引を開始する必要があります。

リスクと言われているのがFX取引におけるレバレッジという仕組みですが、基本的にFXというのは少ない金額で多くの利益が出せるような仕組みとなっていて、これは持っている資産以上に取引ができるためですが、これで収益が出たら儲ける反面、予想と反対の方向に相場が向かうと大損失になります。

そのため、ネット証券で口座を開設しようと考えている場合にリスクはできるだけ背負いたくないというのであれば、FXを諦めて投資信託など他の投資方法を検討するというのも選択肢としてあります。

ネット証券ならではのFXとは

046_640
ネット証券で口座を開設する人の中にはFX取引を目的として口座の開設を検討している人もいるかと思いますが、インターネットで取引ができるというネット証券のメリットを最大限に活かせる取引というのがFXであり、インターネットの普及に伴って誕生した新しい形の投資として周知されており、安定した人気を集めています。

FXは海外の通貨を購入したり売却したりして資産を増やしていくという投資の類ですが、基本的に日本円を含めた通貨の価値というのは国の経済状態や他国と比べた場合の相対的価値などによって変動が大きく、この変動を利用した取引というのがFXです。

FXは初心者でも分かりやすい取引で、奥が深いということもあって上級者のトレーダーなども積極的に投資をしています。

なぜ、FXがネット証券に特化している取引なのかということについてですが、基本的にFXというのは分刻みで価値が変動する通貨を売買する取引で、24時間いつでも自由に取引ができるという性質の投資です。

そのため、FXにはリアルタイムで為替変動を把握できるシステムが必要で、それに対応できる取引システムが必要になるのですが、これらを実現してくれているのがネット証券というわけです。

また、短期運用に向いていると思われがちのFXですが、実際はスワップポイントなどを利用して長期的な運用というのも可能となっており、短い期間で結果が出したい人にも結果に焦らない人にも向いている投資です。