ネット証券の基礎知識」カテゴリーアーカイブ

ネット証券と窓口証券の相違点

店舗がある証券会社で口座を開設して取引をする場合も再度足を運んで取引の手続きをするというのが従来の取引方法ですが、最近はネット証券が誕生したことによって窓口を有している証券会社の利用者は減少傾向にあります。

ネット証券の特徴と言えば、インターネットを使ってすべての手続きや取引ができるということですが、FXのような取引になってくると24時間いつでも好きな時にネット証券を利用して取引ができるため、日中は仕事や学校で時間が取れないという人でも投資をすることができます。

また、口座を開設すると専用の取引ページというのを与えてもらうのですが、この取引ページですべての取引の管理を行うことができるようになっています。

そのため、そこで入金をすることもできれば、出金をすることもできるため、投資するお金が不足している場合や急にお金が必要になってお金を引き出したい場合でも、取引ページから問題を解決することができます。

これがネット証券の特徴となっていますが、最近は窓口を有している大手の証券会社などはネット取引に対応できるところが増えているため、そこまでネット証券との大差は無くなってきています。

しかし、窓口での取扱いを残しているところはそこで余分なコストがかかっているため、どうしても手数料は高くなってしまっていますが、老舗の証券会社の場合だと安心や信頼感があるので、初心者からするとネット証券よりも敷居が低いかと思います。

ネット証券と銀行の相違点

証券取引を行えるところと言えば、昔は証券会社に限られていましたが、最近は金融機関でも取引できるところが増えており、特に投資信託や不動産投資などは積極的にサービスを提供している金融機関は多く、その中でも銀行は順調に利用者を増やしています。

ネット証券を利用する人の中には手数料が安いという理由で利用している人も多いと思いますが、初めて証券取引や投資をした際に口座を開設したところがネット証券だった場合は対比する金融機関がありません。

そのため、どれくらい手数料が安いかということは分かりにくいかと思いますが、これまでに他の金融機関で取引をしたことがある人からすると手数料の違いもよく分かると思います。

銀行は身近な金融機関ということで口座を開設して取引を始める場合に、安心して始めることができるというメリットがあります。

銀行が投資を仲介するのではなく、専門のトレーダーに頼んで運用してもらっているので、銀行に対しての中間マージンと銀行が依頼しているトレーダーに対しての中間マージンがかかり、かなりの手数料になります。

もちろん銀行の場合は店舗があり窓口もあるわけなので、余分に手数料がかかってしまうことになるのですが、ネット証券は窓口を有しないため、基本的なコストがほとんどかかりません。

そのためネット証券の手数料は安くなっているわけですが、相対的に高い銀行の手数料と比較してみるとその差は歴然となっています。

ネット証券とは

投資ブームということもあって、株取引やFX、投資信託や今話題のREITなど様々な取引をしている人がいますが、いずれの場合も個人で取引をしようとする場合は莫大なお金が必要になるため、通常は証券会社を通してからの取引になりますが、昔は窓口がある証券会社で口座を開設して投資をすると言うのが一般的でした。

証券取引所が空いているのはサラリーマンが仕事に行っている間で、休日も重なるということもあって、仕事をしている人が証券会社に足を運んで取引をすることが難しかったので、一部の人が利用するのに限られていました。

しかし、インターネットが普及してからはネット証券と呼ばれる新しいタイプの証券会社が誕生したことによって、以前に比べると便利に証券取引ができるようになりましたが、特にいつでも好きな時間帯に取引ができるというのは社会人として日々を送っている人からすると有難い仕組みだと思います。

ネット証券が誕生したことによってFXなどの取引も可能になったのですが、インターネットを使っての取引となることから、どうしても取引に対して不安を覚えてしまうという人もいるのですが、それはネット証券側も承知しているので、しっかりとしたセキュリティ対策や個人情報の保護をしているところがほとんどです。

また、ネット証券にもいろいろな会社があるので、利用を考えて投資を検討している場合はそれぞれのネット証券の特徴を事前に調べて自分に合ったところを選ぶようにしましょう。

IT革命とネット証券

IT革命が起こったことによって様々な分野に情報技術が取り入れられるようになり、様々な業務をコンピューターで管理するような時代となりましたが、IT革命は証券の分野にも派生し、それによってネット証券という新たなタイプの証券会社が誕生する運びとなりました。

昔は証券会社に足を運んで口座を開設する人と言えば、余剰資金がありそのお金を運用するという目的の人が多かったのですが、そもそも会社が休みの日は証券会社も閉まっているという状態だったため、一般の人が利用するのが難しかったということもあるのですが、ネット証券が誕生したことによって証券会社の休日を気にすることなく取引ができるようになりました。

これは証券の世界においてはかなり画期的な出来事だったように思えますが、実際にネット証券を利用して投資が出来るようになってからは様々な人がネット証券取引を行うようになり、昔は余剰資金の運用が目当てで利用していた人が大半だったのに対して、現在では経済の勉強や一攫千金、趣味など色々な目的で投資をする人が増えました。

IT革命が起こってからの投資や証券の世界というのは目まぐるしく変化を遂げていますが、最近になってようやくIT革命による変化も緩やかになって落ち着いてきた感があります。

一昔前はパソコンを用いての証券取引というのが一般的でしたが、今はスマートフォンを利用しても証券取引が行なえるようになっているので、より利便性が向上しています。

ネット証券のメリット

ネット証券を利用するメリットと言えば、やはり24時間取引が可能な取引についてはいつでも好きな時に取引ができるという点で、インターネット環境さえあれば、いつでも好きなタイミングで取引ページにアクセスをして必要な作業を行うことができるようになっています。

また、証券会社を通しての取引になると証券会社側が中間マージンを持って行くので、本来の収益よりも手元に入る収入は少なくなるのが普通ですが、この手数料というのも窓口がある証券会社よりもネット証券の方が格安になっており、金銭的な負担の面から考えてもメリットが高くなっています。

ちなみにネット証券と言えば、取引において必要になるシステム使用料金などが安価で設定されていますが、これは維持コスト費が余分にかからないためで、これによって本来かかるはずだったコストを手数料の軽減という形で還元することができるため、少ない手数料でサービスを提供することができるようになっています。

また、ネット証券になるとあまりサポートが充実してないという印象を持っている人も少なくないのではないかと思いますが、現在はそれぞれのネット証券の競争が激化していて、他社との差別化を図ることが必要な状態となっています。

故にサポート体制に力を入れているところは多くなっており、ほとんどのところで電話対応やメール対応していて、反応も早いところが多いので、その点についてはそこまで心配することはありません。

ネット証券のデメリット

証券取引や投資において証券会社を通しての取引というのは大前提となっていますが、個人で取引や投資をすることは可能なものの、投資する金額がかなり莫大ではないと対応してくれないため、ほとんどの人は証券会社を利用しています。

昔は証券会社を利用して取引を始めようとするには足を運んで手続きをする必要があったのですが、ネット証券が開設されてからはそのような負担が無くなったこともあって、以前に比べると窓口がある証券会社を利用する人は減っています。

ネット証券は利便性という面で非常にメリットが高いと言えますが、果たしてメリットばかりなのかと言うとそうとは言えない部分も多いので、メリットとデメリットを知った上で利用を検討することが大事になってきます。

ネット証券を利用するデメリットと言えば、窓口を有している証券会社と比べた場合にサポートに劣るという部分で、最近はネット証券もかなりサポートには力を入れるようになっていますが、それでもスタッフを配置して直接聞くことができる窓口有の証券会社に比べると満足なサポートは期待できません。

これまでに証券取引や投資をしたことがある人は電話やメールによるサポートでも十分ですが、これから初めて投資を始めようと考えている人からすると少し敷居が高くなっていて、インターネットに関する知識も少々必要になってきます。

勿論それを利用するためのパソコンやスマートフォンの扱いも達者では無いと難しい部分がありますが、これらが苦手という人からしても利用するメリットはあまり無く、セキリュティや個人情報の漏えいという観点から見た場合も少し不安が残る部分もあります。