ネット証券と窓口証券の相違点

店舗がある証券会社で口座を開設して取引をする場合も再度足を運んで取引の手続きをするというのが従来の取引方法ですが、最近はネット証券が誕生したことによって窓口を有している証券会社の利用者は減少傾向にあります。

ネット証券の特徴と言えば、インターネットを使ってすべての手続きや取引ができるということですが、FXのような取引になってくると24時間いつでも好きな時にネット証券を利用して取引ができるため、日中は仕事や学校で時間が取れないという人でも投資をすることができます。

また、口座を開設すると専用の取引ページというのを与えてもらうのですが、この取引ページですべての取引の管理を行うことができるようになっています。

そのため、そこで入金をすることもできれば、出金をすることもできるため、投資するお金が不足している場合や急にお金が必要になってお金を引き出したい場合でも、取引ページから問題を解決することができます。

これがネット証券の特徴となっていますが、最近は窓口を有している大手の証券会社などはネット取引に対応できるところが増えているため、そこまでネット証券との大差は無くなってきています。

しかし、窓口での取扱いを残しているところはそこで余分なコストがかかっているため、どうしても手数料は高くなってしまっていますが、老舗の証券会社の場合だと安心や信頼感があるので、初心者からするとネット証券よりも敷居が低いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です