はじめに

034
株取引やFX、最近では不動産投資なども積極的に行われていますが、日本において証券取引や外国為替取引は盛んにされており、いずれの取引をする場合も証券会社を通して取引するのが一般的となっています。

こうした中間会社があることによって取引にかかる中間マージンが余分にかかってしまうため、できるなら直接取引をしたいと思っている人も中にはいるかもしれませんが、小さな単位で取引ができるほど証券取引所も余裕はないので、証券会社が仲介役として入ることによって証券取引が円滑に進むように促しています。

しかしながら従来の取引方法だと、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要があるので、思い立った時に取引をすることができないという欠点がありますが、最近はインターネットの仕組みが構築されたことによってスマートフォンやパソコンを使用してリアルタイムで取引を行うことができるようになり、昔に比べるとかなり証券取引の利便性が向上しました。

これはネット証券と呼ばれる新しいタイプの証券会社が設立されたことが大きく関係しているわけですが、ネット証券というのはその名前の通りインターネット上にある証券会社でITの技術を駆使してサービスを提供しているという特徴があります。

近年になって証券取引をする人がかなり増加している傾向にありますが、これはネット証券がたくさん誕生するようになり、取引が簡素化されたことが大きく関係しており、新しい形での取引が注目を浴びるようになっています。

しかし、こうした取引になってくると高額な金額の取引が増えてくることから、中にはネット証券で金銭的なトラブルが起こってしまわないか不安に思っている人もたくさんいるのではないかと思います。

もちろんトラブルリスクはゼロではありませんが、どのような仕組みかということを理解して利用すると意外とトラブルになることは少なく、ネットならではのメリットというのもたくさんあるので初めての人でもおすすめです。